県森連の家

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

■県森連の家- 仕様 -

構造

柱は桧4寸柱、基礎はベタ基礎を標準仕様としています。
柱、梁、桁にはすべて桧を使用する木造在来工法の家。愛媛の山で育ち伐採期を迎えた優良は木材を、JAS認定工場である愛媛森林組合連合会で加工した木材を使用します。
壁耐力材、床耐力材として構造用合板を採用。強度に優れた構造材を使用し、耐震性を高める適切な設計によって造られる構造は、住宅性能表示制度の耐震等級3(最高等級)をクリアします。
  1 1 1 1

内装

ホール、廊下及び居室の床は桧無垢材フローリング張り、壁は珪藻土塗り、2階吹き抜け部の天井は桧無垢板張りで仕上げ、LD天井には桧の化粧梁を配置しました。内装にはふんだんに無垢の木を使用して、木の良さを生かしたナチュラルな心地よさあふれる空間づくりをしています。
納戸・物入の床は桧フローリング張り、壁・天井は杉板張りで木の調湿効果を生かした仕様で家具・衣類などを湿気から守ります。
    1 1 1

外装

外壁は塗り壁仕上げ(ジュラクペンアート)と杉板張り、屋根はガルバリウム鋼板張り。桧板張りの軒裏や桧を使った破風などが美しく映えます。サッシはペアガラスを、断熱材にはグラスウールを採用しています。デザイン性を求めるだけでなく、耐久性や断熱性などの機能性を追求した建材を使い、省エネ等級4をクリアします。
  1 1 1 1

水まわり設備機器

ライフスタイルや好みに合った設備機器をコーディネイトします。使い勝手のよさや手入れの簡単さを配慮し、機能性とデザイン性も備えた商品をご用意しています。
1 1 1 1

設計

一級建築士が、お施主様のご要望やライフスタイルに合わせたプランをご提案します。暮らしやすく、家族で過ごす時間を豊かにしてくれる間取りと、子どもから高齢者までが安全・快適に暮らせることに配慮した設計をベースにしています。また、太陽光を住まいに適度に取り込み活かす「パッシブソーラー」の手法を取り入れた設計により、心地いい環境を実現します。