県森連の家

  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

■県森連の家

概 要

愛媛の森から届ける、安心で快適な木の家

 愛媛の森で育った良質な木を使って建てる安心で快適な家をご提案したい。
そんな思いから、私たち愛媛県森林組合連合会の「県森連の家」は誕生しました。
 愛媛県森林組合連合会は、設立70年を迎える、愛媛県の森林組合出資の協同組合です。
愛媛の林業の発展を目指すとともに、森林を守り育て、経済の発展に貢献することを理念とし、
森林環境の保全や木材・林産物の販売等の事業を展開しています。
 建築資材の加工・販売事業においては、愛媛県武道館など大型公共施設をはじめ、一般住宅建築への納材実績を持ちます。
それらを通して培った技術力やノウハウ、ネットワークを活かしてつくる、住む人に喜んでもらえる家。
それが「県森連の家」です。


5つのキーワード

  • 1.「大きな木」の構造体
  • 住宅の耐久性は何によって決まるのか?それは骨組みであると私たちは考えます。
    長寿命の木造住宅を実現するために、私たちは守り育んできた豊かな森林資源を総動員して、
    大きな木でくみ上げた「骨太の家」作りに取り組んでいます。
  • 2.メンテナンスシステム
  • 建てたそのままの状態で100年という寿命になる住宅はありません。1000年以上保たれてきた法隆寺の例を挙げるまでもなく、木造建築の長寿命には定期的な点検・メンテナンスが不可欠です。
    私たちは住宅の生命線である構造体を定期的に点検し、メンテナンスを施すシステムを運営します。
  • 3.適正価格の追求
  • 長寿命の住宅だからといって、飛び抜けて高い価格であると考えないでください。
    私たちは与えられた予算の中で、長い年月に耐えられる構造体とデザインを提供するために、
    建築家や職人と共に、あらゆる角度からコストを検証し、情報を開示します。
    安易なローコストに走ることで品質を落とすのではなく、適正な価格で確実な技術を注ぎ込みます。
  • 4.価値を生むデザイン
  • 大きな木でくみ上げた構造体は、100年後もその耐久性を失わないことを目的としています。
    しかし住宅は、地震や風雨にだけにさらされている訳ではありません。
    様々な社会変化、時代の流れの中で、100年後も風化しない住宅デザインとは何か?
    周囲との調和と、さりげない個性の共存した、価値の高い住宅デザインを信頼のおける建築家と共に提案します。
  • 5.高い信頼性
  • 私たちは創業70年を迎える、愛媛県の森林組合出資の協同組合です。愛媛の森を育てる明確な理念のもとに、
    伐採期を迎えた優良な木材を利用し、長寿命の骨太住宅を実現します。
    長寿命住宅の根幹を成す「大きな材」を産地直送で届ける品質保証から、施工後のメンテナンスまで、
    私たちは地域に根ざした高い信頼性で応えます。

こだわりの家づくり

お施主様×設計士×県森連のコラボレーション

 「県森連の家」は、愛媛で育った木を使うことにこだわっています。地元で育った木材を使うことが、一番自然であり、
気候風土に合った家をつくることができるからです。
運搬等にかかるエネルギー消費やコストを抑えることができるなど、無駄を省いた家づくりにもつながります。
安易にローコストを追求するのではなく、高品質な家を、適正な価格で提供することを心がけています。
 家づくりのプロセスは、お施主様と設計事務所、愛媛県森林組合連合会の3者が一つになって進めていきます。
設計と設計監理は一級建築士設計事務所が行い、愛媛県森林組合連合会の「県森連の家」が相談から施工、
アフターメンテナンスまで家づくりのプロデュースをトータルで行います。

関係図

工務店や住宅メーカーと同様に建設業許可を受け、建設工事が認められています。また、「県森連の家」の専門部門である住宅課には建築士資格を有する者もいます。


優れた技術と豊かな発想を持ち、「県森連の家」のコンセプトを理解する一級建築士が設計に携わります。お施主様とのコミュニケーションを大事にしています。